「宮島るりかの可愛いいちご農園」本日開園!いちご狩りをしながらインスタ映え❤

宮島るりかの可愛いいちご農園




SNS映えスペース「宮島るりかの可愛いいちご農園」が、埼玉県越谷市の越谷いちごタウン内の栽培ハウスにラッピングを施し、本日2019年1月30日(水)に開始しました。本ラッピングが施されているのは、越谷いちごタウンのB棟「Strawberry Terrace by いちご同盟」ハウス。初代ミスいちごで、いちごコンシェルジュとして活動している宮島るりかが、アイドル時代から温めてきたアイデアを投入しプロデュースと施工を行い、「SNS映えするいちご農園」を実現しました。

宮島るりかの可愛いいちご農園

<越谷いちごタウン所在地>

トップ


埼玉県越谷市増森一丁目41番地
TEL:048-965-1514(午前9時~午後3時まで)

<提供期間>
2019年1月30日(水)~2019年5月下旬まで
(越谷いちごタウンの営業日程に準ずる)

ラッピングを施したフォトスポット紹介❤

宮島るりかの可愛いいちご農園
1、アーチ
背後に広がる一面のいちご畑との記念撮影に。

宮島るりかの可愛いいちご農園
2、ブランコ
いちごやグリーンに包まれた、フォトジェニックなブランコ。

宮島るりかの可愛いいちご農園
3、アンティークパイプチェア
いちご狩りの合間に、いちごと一緒に。

宮島るりかの可愛いいちご農園
4、ウッドベンチ
真っ白なカントリー風のウッドベンチ。多人数の撮影にも。

宮島るりかの可愛いいちご農園
宮島るりかの可愛いいちご農園
5、ウッドデッキ
テラスのような広いスペースにいちごのソファ。お子様の撮影にも。

ラッピングの狙い

いちごの農園が収益をあげられる期間はいちごの収穫時期に限られ、シーズン中の収益率向上が課題となる一方で、いちご狩りの単価を上げることは難しい実情があります。安定した生産と共に「シーズン中のリピート増」が大きなポイントとなり、本取り組みでは農園に「フォトジェニック」という付加価値を与え、小さなお子様のいるご家族から友人同士まで、いちご狩りと同時に「SNS映えする」写真撮影を楽しめる機会を提供し、「また行きたい!」のきっかけを創出する事を目的としております。
また、今後は冷凍いちごを用いたスイーツレシピの開発などの6次産業化支援を行い、いちごの収穫時期以外にも収益化できる手段を幅広く提供して参ります。

いちごコンシェルジュ 宮島るりか・PROFILE(プロフィール)

宮島るりか

宮島るりか

・生年月日:1998年7月27日
・出身地:広島県
・血液型:O型

いちご好きの母の影響を受け幼少より大のいちご好きに。全国の様々な品種のいちごをこよなく愛し、これまで食したいちごスイーツやお菓子は700以上、いちご柄の服やグッズも100点以上にのぼる。15歳で上京後アイドル活動を開始し、2015年にいちごのPRレディ「ミスいちご」のグランプリを獲得。アイドル活動終了後「いちごカルチャーを広める存在になりたい」と考え、2018年1月より越谷いちごタウンに就農。いちご栽培と観光農園の運営に携わり、いちごのいろはを学ぶ。現在はいちごや産地に関する知識を活かし、各種メディアにて全国のいちごや関連商品の紹介、カフェレシピ開発、PR支援など、“いちごコンシェルジュ”として活動している。

▼Twitter
@rurika_ichigo
▼Instagram
strawberry___r.m (半角アンダーバーは3つ)

◎情報提供:ミスいちご実行委員会(事務局:株式会社リトルワールド)